タンパク質・遺伝子の目次

protein_gene/protein_gene_meta/index_protein
発リンク 98 個


機能による分類、GO による分類なども考えましたが、結局アルファベット順の目次を用意し、実際には検索を使ってもらうのが最も便利だろうという結論に達しました。

このページでは、簡単な説明つきで本サイトにページがある遺伝子をアルファベット順に並べています。遺伝子には複数の名前がある場合も多いので、サイト内検索を利用して頂く方が確実です。

英語名のアルファベット順に並べてありますが、略称、カタカナ、英語名などの記載に特定のルールはなく、私にとって馴染み深い名称を最も目立つように目次を作っています。

たとえば 解糖系のページ には関係する酵素の一覧があるように、機能に応じた分類はサイトのいろいろなページで見つけられるはずです。


タンパク質関係の目次

  1. タンパク質の概要
  2. 細胞内のタンパク質輸送

関連する目次

  1. 遺伝学の目次
  2. 生化学の目次
  3. 免疫・病気の目次
  4. 細胞生物学の目次

広告

A

A から始まるタンパク質は、A から始まるタンパク質の目次 へ移動しました。有名なもののみをここに残しておきます。ページ上部のサイト内検索も合わせてご利用下さい。

ACC (acetyl-CoA carboxylase)

脂肪酸合成 の律速酵素。アセチル CoA をマロニル CoA に変換する。

アディポネクチン (adiponectin)

脂肪細胞から分泌されるホルモン。インスリンの作用を強める報告に働き、糖尿病治療への応用が期待されている。アディポネクチン受容体 のページもある。

ADH (alcohol dehydrogenase)

アルコールを分解する酵素。

アミロイドβ (Amyloid beta)

アルツハイマー病 患者の脳に蓄積するペプチド。


B

ブロメライン (bromelain)

パイナップルに含まれるプロテアーゼ。


C

C から始まるタンパク質は、C から始まるタンパク質の目次 へ移動しました。有名なもののみをここに残しておきます。

Cas9

ゲノム編集技術 CRISPR/Cas9 の主役になるヌクレアーゼ。

カゼイン (casein)

牛乳の主要なタンパク質成分。α, β, κ に分類される。

サイクリン (cyclin)

細胞周期 を制御するタンパク質。

CYP (cytochrome P450)

小胞体とミトコンドリアにある酸化還元酵素。異物代謝、ステロイド代謝などに関わる。


広告

D

デサチュラーゼ (desaturase)

脂肪酸 に二重結合を導入して不飽和化する酵素。

DNA ポリメラーゼ (DNA polymerase)

DNA を合成する酵素。

ジストロフィン (dystrophin)

遺伝病・筋ジストロフィーの原因遺伝子。

G

G タンパク質 (G proteins)

GTP を GDP に変換するタンパク質で、多くのシグナル伝達経路の構成因子。大きく heterotrimeric と Ras の 2 つのグループに分けられる。

GADD34

翻訳開始因子 eIF2a に特異的なホスファターゼ。

GAPDH (glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase)

解糖系の 6 番目の反応を触媒する酵素。

GLUT4 (glucose transporter 4)

インスリン に応答して、血液から細胞へグルコースを取り込むトランスポーター。

グリコーゲンホスホリラーゼ (glycogen phosphorylase)

グリコーゲン 分解の第一段階を触媒する酵素。

H

ヘモグロビン (hemoglobin)

酸素を運搬する血液中のヘムタンパク質。

HIF-1 (hypoxia-inducible factor 1)

低酸素 hypoxia への応答を制御する転写因子。

ヒストン (histone)

DNA と結合し、クロマチン構造を作るタンパク質。ヒストンの修飾によって遺伝子の発現パターンが制御されている。

HSP70 (heat shock protein 70 kDa)

もっともよく研究されているストレスタンパク質。HSP70 isoform のページ もある。


I

IGF (insulin-like growth factor)

インスリン insulin に構造が似たペプチドホルモン。IGF-I および IGF-II の 2 種類がよく研究されている。

IGF-I 受容体 (insulin-like growth factor I receptor)

IGF-I の受容体。1 回膜貫通型、自己リン酸化する。

インスリン (insulin)

代謝を制御するペプチドホルモン。

インスリン受容体基質 (IRS; insulin receptor substrate)

インスリン受容体、IGF-I 受容体などによってチロシンリン酸化され、PI-3 kinase へシグナルを伝える。


L

Lactose permease

バクテリアがラクトース (乳糖) の取り込みに用いる膜タンパク質。

レクチン (lectin)

細胞間の情報伝達に関わるタンパク質。細胞表面にある糖鎖を認識する。

リポタンパク質 (lipoprotein)

脂質の輸送に関わるタンパク質。

LXR (Liver X receptor)

コレステロール類縁体と結合する核内受容体。

リゾチーム (ライソザイム, lysozyme)

バクテリアの細胞壁を分解する酵素。


M

MC3R (メラノコルチン-3 受容体)

35 の神経核で発現している受容体。ノックアウトマウスは肥満を呈する。

MCTs (モノカルボン酸トランスポーター)

カルボン酸、phytosterol などの輸送に関わるトランスポーター。

Mia40

ミトコンドリアへのタンパク質輸送に関わる膜タンパク質。

miR-34a

がん、糖尿病との関係から注目が集まっている、よく保存されたマイクロ RNA。

Myoglobin (ミオグロビン)

筋肉に酸素を蓄えるための分子。牛肉などが赤い原因。

M1ap (meiosis 1 arresting protein)

Germ-line cell のみで発現し、


N

nanos

vasa と同様に始原生殖細胞のマーカーとなる遺伝子。Drosophila では、生殖細胞系列において、体細胞系列遺伝子の翻訳を抑制する。

核受容体 (Nuclear receptors)

核内に局在し、主に脂溶性のリガンドと結合するタンパク質のファミリー。代表的なものに PPARs、甲状腺ホルモン受容体などがある。


P

p53

約半数のがんで変異がみられる、有名ながん抑制遺伝子。

Pax-3

Pax ファミリーに含まれる転写因子。耳、眼、顔の発生に関与している。

ペリリピン (perilipin)

油滴に存在する脂質代謝制御タンパク質。

PI3K (Phosphoinositide 3-kinase)

インスリンの下流で働くキナーゼ。

PPAR (peroxisome proliferator-activated receptor)

肥満、メタボリックシンドローム、糖尿病などと関係が深い核内受容体。

PFK (phosphofructokinase)

解糖系の 3 番目の反応を触媒する。解糖系の律速酵素の一つ。

PGC1α

ミトコンドリアの増殖などを制御。


S

スーパーオキシドジスムターゼ (SOD; superoxide dismutase)

スーパーオキシドO2- を過酸化水素と酸素に変換する抗酸化酵素。


T

Tlx (テイルレス)

ショウジョウバエで tailless gene が働かない場合、尾部と頭部ができない状態で発生がストップする。ニワトリでこれに似た遺伝子が発見され、Tlx と名付けられた (See this page for details)。核内受容体 NR2E1 である。


V

Vangl2

細胞質タンパクである Dishevelled (Dvl) に結合し、Wnt/β-catenin および planar cell polarity (PCP) 経路を活性化する。この遺伝子の loss-of-function mutant が Lp mutant である。

vasa

RNA helicase をコードする DEAD box proteim family member のタンパク質で、ほとんどの動物で始原生殖細胞のマーカーになる。

バソプレッシン

バソプレッシン vasopressin は、腎臓の distal tubules において水の再吸収を促進するペプチドホルモンである。