シトクロムP450: 解毒やステロイドホルモン合成を行う酵素

protein_gene/c/cytochrome_c
3-16-2017 updated

  1. 概要: シトクロム P450 とは
  2. P450 とステロイドホルモン合成

広告

概要: シトクロム P450 とは

シトクロム P450 (Cytochrome P450; CYP) は、小胞体およびミトコンドリアに存在する酸化還元酵素のファミリーである。多様な基質を酸化するため、その機能も多岐にわたるが、有名な機能としては以下のものが知られている。

異物代謝 (解毒作用)

肝臓で脂溶性の異物を酸化し、水溶性にすることで排出しやすくする。


ステロイド代謝

コレステロール から性ホルモンを作るなど。


なお 450 は p21 や p53 のような分子量ではなく、450 nm に吸収極大があることを意味する。


広告

P450 とステロイドホルモン合成

副腎のステロイドホルモンは コレステロール から生合成される。P450 は、その最初の反応である炭化水素基の除去を触媒する (図、ref 1)。

この反応を触媒するのは遺伝子 CYP11A1 にコードされる P450 であり、とくに cholesterol side chain cleavage enzyme (P450scc) と呼ばれる (2)。

その結果生じる プレグネノロン pregnenolone は、コルチゾル、アルドステロンなど多くのホルモンの前駆体である。



コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. By Calvero - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link
  2. Amazon link: ハーパー生化学 30版.

関連書籍