DHA の構造、機能、代謝:
健康促進作用をもつ魚介類の脂質

UBC/aa_carbo_lipid/lipid/dha

このページの最終更新日: 2020/07/06

  1. 概要: DHA とは

広告

概要: DHA とは

ドコサヘキサエン酸 docosahexaenoic acid, DHA は、図のような構造 (1) をもつ不飽和脂肪酸 unsaturated fatty acid である (参考: 脂肪酸の概要と目次)。



DHA は生体膜の重要な成分である。血液脳関門 を通過することができるため、脳に多く含まれる。

以下のようなページと関連が深い。


> DHA は調理の後も大半が分解せずに残る。
  • EPA + DHA 量、raw の 64–73% が調理後も残っていた (2)。一番少なかったのは油で揚げた場合、多かったのは焼いた場合。

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Karimian-Khosroshahi et al. 2016a. Effect of different cooking methods on minerals, vitamins, and nutritional quality indices of rainbow trout (Oncorhynchus mykiss). Int J Food Prop 19, 2471–2480.

参考図書