葉酸: Folate (ビタミン B9、ビタミン M):
構造、機能、代謝など

other_metabolites/coenzyme/folate
2018/04/24 更新


  1. 概要: 葉酸とは
    • 葉酸の構造

  2. One-carbon metabolism

広告

概要: 葉酸とは

葉酸 folate, foleic acid とは、図のような構造 (1) をもつ水溶性の低分子である。ビタミン B9、ビタミン M とも呼ばれる。緑黄色野菜に多く含まれる (2)。

生体内で代謝されたあと、補酵素 coenzyme としてはたらく。



葉酸は DNA 合成に関わっており、葉酸が不足すると活発な細胞分裂が阻害される。大きな影響を受けるのが 造血作用 であり、貧血や免疫機能の減衰は葉酸不足の典型的な症状である。

ビタミン M はそもそも造血因子として同定された物質であった (2)。

構造

構造は複雑に見えるが、


が結合したものである (2)。

グルタミン酸残基に、さらに 2 個または 6 個のグルタミン酸が繋がった複合体もあり、これらも同様に造血作用をもつ。


グルタミン酸。
上の図では葉酸の左上にあり、
アミノ基で安息香酸と結合している。

安息香酸。葉酸ではパラ位にアミノ基が結合しており、それを介してブテリンと結合している。



広告

One-carbon metabolism

葉酸および メチオニン を含む代謝経路を one-carbon metabolism という (2)。DNA、ヒストン などがメチル化される際に、メチル基を供与する S-アデノシルメチオニン (SAM) は、この経路の代謝産物である。

それほど一般的に使われる単語ではなく、例えば ハーパー生化学 (Amazon link) には one-carbon metabolism という見出しはない。

代謝経路の概要は以下の通り。著作権的に問題ない図を載せたが (2)、このページの図 が一番わかりやすいように思う。



One-carbon metabolism の重要ポイントは以下の通り。

  • 葉酸とメチオニンが図のようなサイクルを作り、標的物質にメチル基を転移する

  • 標的分子の機能により、生理作用が定まる。
    • DNA およびヒストンのメチル化、epigenetics。

  • 葉酸、メチオニン自身もこのサイクルから抜けて生理作用を発揮する場合もある。葉酸による DNA 合成制御などはこれにあたる。

広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. By Elbreapoly - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link
  2. Corbin and Ruiz-Echevarria, 2016a. One-carbon metabolism in prostate cancer: The role of androgen signaling. Int J Mol Sci 17, 1208.

Corbin and Ruiz-Echevarria (2016a) is an open-access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Also see 学術雑誌の著作権に対する姿勢.