タンパク質濃度測定・ローリー法:
原理、プロトコール、長所と短所など

experiments/protein/concentration_lowry
2018/12/11 更新


  1. 概要: ローリー法とは
    • ローリー法の長所と短所
  2. ローリー法のプロトコール

広告

概要: ローリー法とは

ローリー法は、ペプチド結合と銅イオン Cu(II) の反応を利用したタンパク質定量法・ビウレット法 の改良版である。

トリペプチド以上のペプチドまたはタンパク質を、Cu(II) を含む溶液とアルカリ条件下で混合すると、含まれる 窒素 原子がCu(II) を Cu(I) に還元する (2)。ビウレット法では、この Cu(I) の呈色を 540 nm 吸光度で測定する。

ローリー法では、さらに Folin-Ciocalteu 試薬をさらに添加することによって、リンタングステン酸とリンモリブデン酸を還元し、その結果 650~750 nm 付近に吸収極大が生じると文献 2 に書かれている。これはビウレット法と全く独立に思え、ビウレット試薬と Folin-Ciocalteu 試薬を同時に使う理由がよくわからない。調べて更新する。


広告

ローリー法の長所と短所

ローリー法には、以下のような特徴がある (2)。

長所

  • 定量範囲が 1 – 1,500 µg/mL と高感度である (2)。
  • ビウレット法と同様にペプチド結合を検出するため、アミノ酸組成に影響を受けない。

短所

  • 反応に約 40 分と時間がかかる (2)。
  • 廃液に重金属である銅が含まれる。
  • 還元反応を利用しているため、還元物質のコンタ意味影響されやすい。
  • 界面活性剤、グリセロール、トリシン、EDTA、トリスなどさまざまな物質で沈殿が生じてしまう。

広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Amazon link: Molecular Cloning: A Laboratory Manual, Fourth Edition Cold Spring Harbor Laboratory Press.
  2. 鈴木 2018a (Review). 総タンパク質の定量法. ぶんせき.