プロピオン酸の構造、機能、代謝:
香料、反芻動物の中間代謝産物

aa_carbo_lipid/lipid/propionate
2018/02/27 更新


  1. 概要: プロピオン酸とは

広告

概要: プロピオン酸とは

プロピオン酸 propionic acid は、図のような構造 (1) をもつ 脂肪酸 である。



ウシ などの反芻動物は、第 1 胃で 糖質 の嫌気代謝により大量のプロピオン酸などの揮発性短鎖脂肪酸が作られる。つまり、グルコース として吸収される糖質が極めて少ない。

しかし、 などがグルコースに依存しているのは他の哺乳類と変わらないため、短鎖脂肪酸からの 糖新生 gluconeogenesis が非常に重要な代謝経路になる。

哺乳類 の大腸でも、バクテリアが食物に含まれるセルロースやヘミセルロースを分解し、プロピオン酸などの短鎖脂肪酸を作り出している。しかし、その量は反芻動物に比べて少ない。


広告

プロピオン酸の合成


コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. パブリック・ドメイン, Link

参考図書