大学の講義: Teaching load について

UBC/other_topics/how-to/lecture_teaching_load

このページの最終更新日: 2020/06/11

  1. 用語の整理
  2. Teaching load の計算方法

広告

用語の整理

日本版

コマ

90 分の授業時間のこと。「週 5 コマ」と言えば、週に 5 回 90 分の講義や実験をしていることになる。英語の contact hour に近いと思われる。

文脈によっては、「90 分の授業を 1 ヶ月続ける」という意味にもなるようだ (3)。「週 2 コマ、5 万円の非常勤講師」というと、週 2 コマ教えた場合の 月額給与 が 5 万円。

アメリカ版

大学によって細かい違いはあるだろうが、原則として、teaching load は次のように定められている。

  1. 一年は、いくつかの学期 semester に分かれている。大抵は spring と fall。
  2. 学期あたり、一定の credit hours を教えることを求められる。
  3. Credit hours は、学生と教員が一緒に過ごす時間 contact hours をもとに定められる。

Contact hours

学生と教員が一緒に過ごす時間のこと。

Credit hours, credits

日本語で言う「単位」。たとえば、contact hours 3 h/week の講義 (1 時間 x 3 回、90 分 x 2 回など) を 15 週間続けると 3 credits になる。

バイオ系の場合、contact hours が同じでも、講義の方がラボよりも credit hours が多いのが普通らしい。3 時間/week のラボでも 2 credit にしかならないなど (1)。

教員にとっては lab を教えるのは効率が悪いということになる。


広告

Teaching load の計算方法

Ref 1 のサイトでは、1 学期あたり 15 credits を求められるなどと書かれている。とりあえず、調べたことを箇条書きに。いずれもケースバイケースで、大学ごとの判断によるところが大きい。

  • 学生数が多い講義は、多めに load として計算したり、teaching assistant (TA) がついたりする。
  • 大学院生向けの講義は、多めにカウントされる。
  • 3/3 (three three) はよく使われる言葉。学期あたり 3 credits の講義を 3 つということで、一般には 9 contact hours/week ぐらいになる。

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. How is your teaching load calculated? Link: Last access 2017/10/29.
  2. Guidelines for establishing the lecture/lab ratio for a course. Link: Last access 2017/10/29.
  3. でーたえっせい. 1 コマの意味. Link: Last access 2019/05/14.