卵巣:

other_topics/gonad/ovary
tissue という項目に分類しました
2018/03/02 更新

  1. 概要: 卵巣とは
  2. 卵巣・卵形成に関係する用語集
    • 組織レベルの用語
    • 細胞レベルの用語
    • 細胞の構造に関する用語

広告

概要: 卵巣とは

まず、卵巣 ovary を含むヒト・雌性生殖器官の全体像 (1) を見ておこう。

卵巣とは、卵形成 oogenesis によって卵子が成熟するための組織である。成熟した卵子は、いったん体腔内に放出される。これを 排卵 という。

排卵された卵子は、やがて輸卵管 oviduct に吸い込まれ、子宮へと移動する。受精は、一般に卵子が子宮へ向かって移動している間に起こる。受精すれば卵子は子宮に着床し、受精しない場合には不活化される。


卵巣 ovary は、大きく分けて以下の 2 つの要素から成る。

  • Germ cells: 卵原細胞 oogonia および種々の発達段階の卵細胞 oocytes
  • Somatic tissues: Germinal epithelium, smooth muscle, peritoneum, vascularized stroma など。


卵巣・卵形成に関係する用語集

大きさごとに分類してみました。精巣のページ に、精子形成関連の用語集があります。


組織レベルの用語


白膜
Tunica albuginea

精巣、ペニス、卵巣などを覆う白っぽい膜のこと。主に結合組織から成る。

卵管・輸卵管
Oviduct

哺乳類 や鳥類でみられる卵巣と子宮を結ぶ管のこと。

  • 卵管漏斗部 infundibulum: 漏斗部の周辺は、不規則に分岐して卵管采 fimbria を作る。その一部は伸びて卵巣に繋がっている。
  • 卵管膨大部 ampulla:

卵形の
Ovoid

透明帯
Zona pellucida

黄体
Corpus luteum, corpora lutea

排卵後に、残存する follicle cell および卵胞膜内膜細胞が分化して黄体細胞になる。この細胞から形成された卵巣内の組織を黄体 (おうたい) という。

内分泌組織であり、プロゲステロンを分泌する。

口、小孔
ostium

管状組織の端にある開口部の総称。


細胞レベルの用語

間質細胞
Stromal cell

結合組織に存在する細胞で、線維芽細胞、免疫細胞、内皮細胞などが含まれる。

卵原細胞
Oogonia

分化が始まる前の幹細胞。有糸分裂 によって増殖する。

上皮細胞の近くに位置することが多いが、形が丸く、 も球形なので、慣れれば簡単な組織染色だけで見分けることができる。

卵母細胞
Oocyte

卵原細胞が有糸分裂で増殖し、卵細胞にコミットしたもの (分化が決定されたもの) のこと。

おそらく、時代によって定義が変わってきているので注意。

Oxford Dictionary of Biology (Amazon) では、"Special cells (oogonia) within the ovary divide repeatedly by mitosis to produce large numbers of prospective egg cells (primary oocytes). When mature, these undergo meiosis, which halves the number of chromosomes." となっており、減数分裂の前の状態が primary oocyte である。

基礎生物学シリーズ 6「発生」 (Amazon) では「卵原細胞や精原細胞が体細胞分裂を停止し、減数分裂にはいったとき、それらを卵母細胞 (oocyte)、および精母細胞 (spermatocyte)という」という記述がある。

卵細胞
単数形 Ovum
複数形 Ova

日本語の卵細胞および卵子という言葉が、英語の ovum にちゃんと対応しているのかどうか分からない。

Ovum は次のように定義されている (2)。The mature reproductive cell of female animals, which is produced by the ovary. It is spherical, has a nucleus, is covered with an egg membrane, and is not mobile.

つまり、卵子形成 によって最終段階に至った細胞が ovum である。

濾胞細胞
Follicle cells

一般に、他の細胞を取り囲み、保護したり栄養を与えたりする機能をもつ細胞を濾胞細胞 follicle cell という (2)。

卵母細胞は、1 個ごとに濾胞細胞によって取り囲まれている (3)。哺乳類では多層になり、グラーフ濾胞と呼ばれる。これは、さらに血管を含む結合組織の層と、卵巣上皮の細胞層に囲まれており、卵子周辺の構造は複雑である。

ホルモン の分泌などによって、卵母細胞の成熟をコントロールする機能ももっている。

卵胞
Ovarian follicle

Follicle cell は卵細胞を取り囲む細胞だが、これと卵細胞を含めた塊を卵胞または濾胞 (ovalian follicle, または単に follicle) と呼ぶことがある。紛らわしい単語なので好きではない。

排卵されず、未成熟なまま卵巣に残った卵胞を閉鎖濾胞 atretic follicle という。

Pyriform cells

卵細胞の周辺に存在する細胞で、RNA などを合成し、細胞間の bridge を通じて卵細胞に渡す機能がある。


細胞の構造に関する用語

卵黄顆粒
Yolk granule

卵黄を形成する主要成分の複合体。発生段階では、鶏卵の黄身のように一つの大きな塊ではなく、卵細胞内に顆粒として散在しているためこのように呼ばれる。

卵門
micropyle

卵の表面にある精子を通すための穴。シロアリでは、卵門の有無で単為生殖および有性生殖が制御されているらしい (4)。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. By Jesielt, http://commons.wikimedia.org/wiki/User:Mysid - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Scheme_female_reproductive_system-en.svg, パブリック・ドメイン, Link
  2. Hine 2015a. A Dictionary of Biology.


  1. Amazon link: 芋生・山名 1989a. 基礎生物学シリーズ 6「発生」.
  2. Link: Last access 2018/02/25.
  3. By http://training.seer.cancer.gov/cervical-uterine/cervix/intro/, Public Domain, Link