乳酸は英語で lactic acid? それとも lactate?

other_metabolites/organic_acids/lactate_name_qa
2018/05/17 更新

  1. Lactate はイオンの名前
  2. 生体内では、ほぼ lactate として存在する
  3. 他の物質でも同じように表現する

広告

Lactate はイオンの名前

Lactic acid は乳酸、lactate は乳酸イオンのことを表します。それぞれの構造を見てみましょう。

L-乳酸 (左) および L-乳酸イオン (右)。


乳酸 では、カルボキシル基 -COOH が -COOH のように電離していないのに対して、乳酸イオン lactate では -COO- となっています。これが lactic acid と lactate の定義上の違いです。


生体内では lactate として存在する

では、どちらの言葉を使うのが適切なのでしょうか?

まず 酸と塩基の定義 を確認しておきましょう。詳細はリンク先にありますが、ここでは

水素イオン H+ を放出するものが酸、受け取るものが塩基である。


とするブレンスレッド・ローリーの定義を採用します。乳酸は

  • CH3CH(OH)COOH ⇌ CH3CH(OH)COO- + H+

のようにイオン化するときに H+ を放出するので、名前の通り明らかに「酸」です。

酸には、その強さを表す 解離定数 という固有の定数があります。解離定数はしばしば平衡定数の負の常用対数 pKa として表され、乳酸の pKa は 3.86 です (1I)。この数字から、乳酸はかなり強い酸であることがわかります。

この数字から、生体内 (pH = 約 7) の状態では、乳酸はほとんど乳酸イオンになっている ことが導かれます。

したがって、「酸素が少ない場合には、グルコース から乳酸が生じる」のように生体内での反応を説明する場合、実際に生じているのは乳酸イオン lactate であるため、lactic acid よりも lactate を使う方が正確な表現になります。


広告

他の物質でも同じように表現する

acid と ...ate の使い分けは、他の酸でも同じです。有名なものを挙げてみます。

グルタミン酸

アミノ酸の一つ。グルタミン酸は glutamic acid、グルタミン酸イオンは glutamate。

アスパラギン酸

アミノ酸の一つ。アスパラギン酸は aspartic acid、アスパラギン酸イオンは aspartate。

ピルビン酸

解糖系 によってグルコースから作られる。ピルビン酸は pyruvic acid、ピルビン酸イオンは pyruvate。

乳酸と同様に、生体内ではほとんどがイオンとして存在しているため、pyruvate の方が適切な単語。

プロピオン酸

ウシ などの反芻動物で重要なプロピオン酸は propionic acid、プロピオン酸イオンは propionate。


広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Hoque et al. 2014a. Lactate reduces liver and pancreatic injury in Toll-like receptor- and inflammasome-mediated inflammation via GPR81-mediated suppression of innate immunity. Gastroenterology 146, 1763-1774.