ジアシルグリセロール: シグナル伝達に使われる脂質

aa_carbo_lipid/lipid/dag
4-21-2017 updated


  1. 概要: DAG とは

広告

概要: ジアシルグリセロールとは

ジアシルグリセロール diacylglycerol (DAG) は、グリセロールに脂肪酸 fatty acid が 2 つエステル結合した物質である (図, ref 2)。


脂肪酸が 3 つエステル結合したトリアシルグリセロール TAG は、いわゆる「中性脂肪」であり、多くの動物で余剰のエネルギーを蓄えるために使われる物質である。TAG から脂肪酸が一つ切り取られると DAG が生じる。

また、生体膜 biological membrane を構成するリン脂質も、類似した構造をもっている。ここから脂肪酸が一つ切り取られても DAG が生じる。

以上の構造的特徴から、DAG はエネルギー貯蔵やシグナル伝達 (細胞膜周辺で生じるセカンドメッセンジャーとしての役割) に使われる分子である。

シグナル伝達物質としての DAG

DAG は G タンパク質 シグナリングのセカンドメッセンジャーとして働く。

DAG および IP3 を生じ、これが細胞内カルシウム濃度を増大させる。プロテキンキナーゼ A が活性化し、


貯蔵脂質としての DAG

DAG には、貯蔵資質としての役割もあると考えられている。例えば、昆虫や環形動物などでは脂質の輸送が TAG でなく DAG の形で行われると考えられている。

> 環形動物の卵形成に関する論文 (1)
  • 体腔液中には TAG が少なく、DAG, MAG に富む。
  • 昆虫は脂質の輸送を DAG で行うが、環形動物でもおそらく同じと考えられた。
  • Brain hormone がないと (脳を切除している?)、卵細胞への脂質の輸送が止まる。
  • Coelomocyte, oocyteでは TAG が多い。輸送は DAG だが、蓄積は TAG で行われるのかもしれない。

広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Fontaine et al. 1984a. Distribution of neutral lipids in coelomic constituents during oogenesis of Perinereis cultrifera (Annelida polychaeta). Comp Biochem Physiol 77A, 45-50.
  2. By Mzaki - Own work, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=40230606

参考図書