トランスポーター:
細胞膜を超えて物質の輸送を行うタンパク質の総称

UBC/protein_gene/t/transporter

このページの最終更新日: 2023/01/19

  1. 概要: トランスポーターとは
  2. トランスポーターの分類

広告

概要: トランスポーターとは

トランスポーターとは、広義には生体膜 biological membrane に埋め込まれ、膜を超えた物質の輸送を行うタンパク質をいう。

日本語では「膜輸送体」というが、カタカナで「トランスポーター」という方が一般的だろう。これは transport protein と同義であり、Oxford Dictionary of Biology (Amazon link) では次のように定義されている (1)。

A protein that penetrates or spans a cell membrane to permit the passage of a substance through the membrane.



図 (Public domain) は、代表的なトランスポーターである ナトリウムポンプ である。細胞内に 2 分子の K+ を取り込み、1 分子の Na+ を排出する。結果として、細胞の内外でイオンの濃度差ができ、これが膜電位を作っている。



広告

トランスポーターの分類

Transport protein は以下のように分類されており、狭義では下の表にある一次性および二次性能動輸送体 primary/secondary active transporters を指すこともある。チャネル channel と区別したこちらの用法の方が一般的なように思う。

Transporter classification database というのがある。いずれ、この定義に基づいて再分類する。

とりあえず、このサイトには以下のようなトランスポーターのページがある。

チャネル
Channel

イオンチャネル
アクアポリン
ポリン

一次性能動輸送体

化学/光エネルギーを利用する

P
F
V
ABC

二次性能動輸送体

電気化学ポテンシャルを利用する

Sympoter
Antiporter

チャネル

定義などを追加予定。


一次性能動輸送体


二次性能動輸送体


広告

References

コメント欄

サーバー移転のため、コメント欄は一時閉鎖中です。サイドバーから「管理人への質問」へどうぞ。