シトクロム c: アポトーシスを制御する電子伝達系タンパク

protein_gene/c/cytochrome_c
2017/11/17 updated

  1. 概要: シトクロム c とは
  2. シトクロム c とアポトーシス

広告

概要: シトクロム c とは

シトクロム c (cytochrome c) とは、ミトコンドリアの電子伝達系 electron transport chain を構成するタンパク質の一つである (1)。ヘム heme をもち、複合体 III から電子を受け取り、複合体 IV に電子を引き渡す。



  • ミトコンドリア内膜に緩く結合している。
  • 他のシトクロムファミリータンパク質とは異なり、水溶性 (極性) が高い。
  • ヒトでは CYCS 遺伝子にコードされる。

広告

シトクロム c とアポトーシス

シトクロム c は、アポトーシスの引き金としても使われる (1)。

  1. DNA ダメージによって p53 が BAX の転写を活性化する。
  2. BAX は

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Amazon link: 水島 (訳) 2015a. イラストレイテッド細胞分子生物学 (リッピンコットシリーズ).

関連書籍