精子: 構造、テスト項目の意味など

UBC/other_topics/gonad/sperm

このページの最終更新日: 2020/02/18

  1. 概要: 精子とは
  2. 精子の構造
  3. 精子の質: ヒトの sperm test について

広告

概要: 精子とは

図はヒトの精子 (1) 。

英語では sperm とも spermatozoon (複数形 spermatozoa) と呼ばれる。Sperm は、不可算名詞として精液 semen を意味することもあるが、可算名詞として spermatozoon と同じ意味ももつ (5)。一方、spermatozoon は成熟した精子細胞を意味する専門的な用語のようである。



精子の部分構造

精子は一般に頭部 head、中片 mid piece、尾部 tail に分けられる。

頭部のアクロソーム acrosome は精子の頭部を覆うゴルジ体から変化したオルガネラで、キャップのような構造をもっている (6,7)。多くの 哺乳類 では、アクロソーム内に hyaluronidase, acrosin などの消化酵素が格納されており、透明帯 zona pellucida と呼ばれる卵子の外側の膜を溶かして受精をしやすくする働きを示す。

中片 mid piece には、多数の ミトコンドリア が存在する。


魚類の精子

魚類の受精は、一般に external fertilization という方法による。つまり、メスがどこかに産卵して、そこに向けてオスが放精する。このために、精子の特徴は哺乳類のような internal fertilization を行う種とは異なる点がある。

アクロソームのない primitive な精子も報告されている。ティラピア (2)、turbot (3) など。一般に、卵子を覆う zona pellucida には卵門 micropyle という穴が開いており、ここから精子が受精のために進入する。アクロソームの有無は、micropyle の大きさと共進化の関係にあることが示唆されている (4)。


精子の質: ヒトの sperm test について

妊娠の可能性を探るために、精子の数や質を病院で調べることができる。テストは簡単で、病院に射精後数時間以内の精液を提供するだけで良い。以下のような測定項目がある。


広告

References

  1. "Complete diagram of a human spermatozoa en" by Mariana Ruiz Villarreal - I did the diagram myself based on the one found on the book "Gray's anatomy" 36th edition, Williams & Warwick, 1980; and a diagram found of the review "Formation and organization of the mammalian sperm head" from Kiyotaka Toshimori and Chizuro Ito. (Chiba, Japan).. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.
  2. Don & Avtalin 1993a. Ultraviolet irradiation of tilapia spermatozoa and the Hertwig effect: electron microscopic analysis. J Fish Biol 42, 1-14.
  3. Suquet et al. 1993a. Composition of the seminal fluid and ultrastructure of the spermatozoon of turbot (Scophthalmus maximus). J Fish Biol 42, 509-516.
  4. Kim et al. 2013a. Ultrastructure of late spermatids and spermatozoa during spermiogenesis in longtooth grouper Epinephelus bruneus from Jeju, Korea. Tissue Cell 45, 261–268.
  5. Oxford Disctionary. Link: Last access 2019/11/02.
  6. Amazon link: 塩田 2017. カラー図解 人体発生学講義ノート.
  7. Amazon link: 芋生 & 山田 1989. 発生 (基礎生物学シリーズ 6).

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment