リンゴ酸-アスパラギン酸シャトル

cell/mitochondria/malate_asp_shuttle
4-23-2017 updated


  1. リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルとは


広告

概要: リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルとは

リンゴ酸-アスパラギン酸シャトル malate-aspartate shuttle とは (図, 2) とは、細胞質で解糖系などによって生じた NADH の電子を、ミトコンドリアの電子伝達系に伝えるためのメカニズムである (1)。Malate は [meileit] と発音する。

NADH はミトコンドリア膜を透過できないため、このようなシャトルが必要となる。TCA 回路は matrix 内にあるため、ここで作られた NADH はミトコンドリア内膜に埋め込まれた complex I と相互作用できる (1)。

肝臓および心臓 で活性の高い経路である (1)。筋肉では グリセロール-3-リン酸シャトル が主に働いている (1)。



広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Amazon link: ストライヤー生化学: 使っているのは英語の 6 版ですが、日本語の 7 版を紹介しています。参考書のページ にレビューがあります。
  2. By Yikrazuul (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

参考書