満腹ホルモン・レプチン: 代謝調節機能を中心に

UBC/protein_gene/l/leptin

このページの最終更新日: 2020/10/06

  1. 概要: レプチンとは
  2. レプチンの機能

広告

概要: レプチンとは

レプチン leptin は 成熟脂肪細胞 adipocyte から分泌され、食欲 appetite や代謝の制御を行う分子量約 16 kDa のペプチドホルモンである。 視床下部 hypothalamus などに作用して 食欲を抑制する 作用をもつことから、満腹ホルモンなどとも呼ばれる。

レプチンは、肥満 obesity の症状を示すマウスの系統 ob/ob mice の原因遺伝子として同定された。レプチンが欠損したこのマウスは、写真 (Public domain) のように極度の肥満を呈する。左がレプチン欠損マウス、右が野生型のマウス。



レプチン受容体 leptin receptor の変異体 db/db mice も同様に肥満になる。フレームシフトによる遺伝病も知られている(8)。


広告

レプチンの機能

レプチンの機能は、短期作用と長期作用に分けて考えることができる。長期作用の方が重要とする意見がやや優勢である。

レプチンは、短期でも長期でも、原則として肥満にならない(エネルギーを消費する)方向に働く。すなわち、食欲を抑制するとともに交感神経の活動を亢進させ、活動性の亢進、体温上昇、脂肪燃焼の促進などの作用を示す(4I)。

以下のようなレプチンの機能が列挙されている(16)。

  • 食欲、エネルギー消費の制御
  • 性成熟の制御
  • 造血 hematopoiesis
  • 骨の代謝
  • 視床下部 - 生殖腺系の制御

肥満者の多くは、脂肪細胞が多いために血中レプチン濃度が高い。しかし、食欲も正常体重者より高く、脂肪燃焼も血中レプチン濃度から考えられるほど行われていない。

これは一見矛盾のようであるが、肥満者はレプチンが脳に作用しにくくなっている状態、すなわちレプチン抵抗性に陥っているためと理解することができる。


References

  1. Thanos et al. 2013a. Obese rats deficient leptin signaling exhibit hightened sensitivity to olfactory food cues. Synapse 67, 171-178.
  2. Gibson et al. 2010a (Review). Neuroimaging, gut peptides and obesity: novel studies of the neurobiology of appetite. J Neuroendocrinol 22, 833-845.
  3. Becer et al. 2013a. Association of leptin receptor gene Q223R polymorphism on lipid profiles in comparison study between obese and non-obese subjects. Gene 529, 16-20.
  4. 近藤ら 2012b. レプチン受容体遺伝子多型Lys109Arg及びGln223Argと肥満の関連. 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報, 5, 33-38.
  5. Volkow et al. 2011a (Review). Reward, dopamine and the control of food intake: implications for obesity. Trends Cogn Sci 15, 37-46.
  6. Volkoff et al. 2003a. Role of leptin in the control of feeding of goldfish Carassius auratus: interactions with cholecystokinin, neuropeptide Y and orexin A, and modulation by fasting. Brain Res 972, 90-109.
  7. ページ編集に伴い削除
  8. Friedman 2002a. The function of leptin in nutrition, weight and physiology. Nutr Rev, 60, S1-S14.
  9. Lee & Fried 2006a.Multilevel regulation of leptin storage, turnover, and secretion by feeding and insulin in rat adipose tissue. J Lipid Res 47, 1984-1993.
  10. Lynch et al. 2006a.Leucine in food mediates some of the postprandial rise in plasma leptin concentrations. Am J Physiol Endocrinol Metab 291, E621-630.
  11. Perez-Matute et al. 2005a. Eicosapentaenoic fatty acid increases leptin secretion from primary cultured rat adipocytes: role of glucose metabolism. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 288, R1682-R1688.
  12. Ricci et al. 2005a. Isoproterenol decreases leptin release from rat and human adipose tissue through posttranscriptional mechanisms. Am J Physiol Endocrinol Metab 288, E798-E804.
  13. Giovambattista et al. 2008a. Ghrelin gene-related peptides modulate rat white adiposity. Vitam Horm 77, 171-205.
  14. Szkudelski et al. 2004a. Short-term fasting and lipolytic activity in rat adipocytes. Horm Metab Res 36, 667-673.
  15. Margetic et al. 2002a. Leptin: a review of its peripheral actions and interactions. Int J Obes 26, 1407-1433.
  16. Adamczak & Wiecek. 2013a (Review). The adipose tissue as an endocrine organ. Semin Nephrol 33, 2-13.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment