Erk, MAPキナーゼ

protein_gene/e/erk_mapk
3-16-2017 updated

  1. 概要: Erk とは

広告

概要: Erk とは

Erk (extracellular signal-regulated kinase, 細胞外シグナル制御キナーゼ ) は、多くのホルモンの作用を仲介するキナーゼで、細胞分裂に重要な役割を果たしている (下図、英語版 Wikipedia より)。


以下のような経路が知られている。

  • BDNF - trkB - Ras - Raf - MEK - Erk (文献 1I)
  • GH - GHR - JAK2 - Grb2 - SOS - Ras - MEK1/2 - Erk1/2 (文献 2)
  • EGF - EGF receptor - Grb2 - SOS - Ras - Raf - Erk1/2 (文献 3)
  • IGF - IGF receptor - IRS - Grb2 - SOS - Ras - Raf - Erk1/2

脳における機能

海馬 hippocampus における Erk のリン酸化状態が、学習や記憶に関係しているとされる (1)。

> コルチコステロン corticosterone を水に溶かして投与すると、sucrose intake が低下する (1R)

: これは、うつ病の症状を再現しているとされる。実験は C57BL/6J mice で行われている。
: 抗うつ剤 amitriptyline で、sucrose intake が回復する。
: Dentate gyrus における Erk1/2 のリン酸化レベルが、これに相関して変化する。



コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Gourley et al. 2008a. Corticosterone regulates pERK1/2 map kinase in a chronic depression model. Ann Ny Acad Sci 1148, 509-514.
  2. Chaves et al. 2013a (Review). The metabolic effects of growth hormone in adipose tissue. Endocrine 44, 293-302.
  3. Berg et al. Biochemistry, Seventh Edition: 使っているのは 6 版ですが 7 版を紹介しています。