ハダカデバネズミ: 寿命の長い真社会性のネズミ

UBC/organism/Mammalia/heterocephalus_glaber

このページの最終更新日: 2022/05/16

  1. 概要: ハダカデバネズミとは
  2. ハダカデバネズミの寿命
  3. ハダカデバネズミの真社会性
  4. ハダカデバネズミその他

広告

概要: ハダカデバネズミとは

ハダカデバネズミ Heterocephalus glaber は、以下の 2 点の生物学的特徴から有名になった齧歯類である(2)。

  • 寿命が長い。老化 自体が遅く、がん などの老化に関連する疾患にも強い抵抗性を示す。
  • 真社会性を示す

写真は食事中のハダカデバネズミ (Public domain)。学名は「へんてこ頭の毛のないやつ」という意味らしい。(2)

食事中のハダカデバネズミ

分類: PubMed taxonomy (10/2015)

cellular organisms; Eukaryota; Opisthokonta; Metazoa; Eumetazoa; Bilateria; Deuterostomia; Chordata; Craniata; Vertebrata; Gnathostomata; Teleostomi; Euteleostomi; Sarcopterygii; Dipnotetrapodomorpha; Tetrapoda; Amniota; Mammalia; Theria; Eutheria; Boreoeutheria; Euarchontoglires; Glires; Rodentia; Hystricognathi; Bathyergidae; Heterocephalus


ハダカデバネズミの寿命

哺乳類の寿命は一般に体の大きさと相関し、ゾウの寿命は長く、ネズミの寿命は短い。しかし、ハダカデバネズミは体のサイズから予想されるよりも 10 倍以上長生き であり、文献 2 の女王は 37 歳 であるらしい。寿命は 28.3 年以上で、最長寿命はヒトと同程度と予測されている (3)。

> ハダカデバネズミのタンパク質は、酸化ストレスに強く安定性が高い (3)。

  • 生化学的な老化の兆候をあまり示さないが、脂質、タンパク質、DNA には mice よりも酸化ダメージが蓄積している。したがって、酸化ダメージを受けた分子がちゃんと機能しそうなところに、長寿の秘密があるかもしれない。
  • 一般的に、 タンパク質への酸化ダメージの標的は Cys である。また、酸化して高次構造が崩れ凝集というのもある。
  • Results の多くは、マウスとハダカデバネズミの比較である。
  • 肝臓抽出物中の システイン の酸化、ジスルフィド結合量、Cys の酸化修飾がデバ < mice で、チオール基が保護されていると思われる。総システイン量が多く、重要な Cys が酸化されるのを競合阻害しているのかもしれない。
  • タンパク質表面の疎水性ポケットを蛍光ラベルする手法がある。タンパク質を尿素処理で変性させると蛍光が増大するが、その程度がmice > デバ。つまりタンパク質の尿素安定性が高い。
  • タンパク質を分解するプロテアソーム系の活性は、老化とともに増大するが、ハダカデバネズミではそれほど増大しない。
  • In vitro で GAPDH の活性を測定。尿素変性するとマウスでは大きく活性が低下するが、ハダカデバネズミではあまり低下しない。
  • ハダカデバネズミは単に酸化ストレスを受けにくいだけでなく、変性状態でもタンパク質が機能するという点が興味深かった。

ハダカデバネズミの真社会性

ハチやアリのように、役割分担のある集団生活を送る生物は 社会性 をもつといわれる。

とくに、子供を作らない階級が存在する場合に 真社会性 eusociality という言葉が用いられる。これは、「自らの遺伝子を残すことが生物の至上命題である」という進化の基本概念に反する現象であり、数多くの議論を呼んだ。

真社会性は、昆虫ではよく認められるが、哺乳類では非常に珍しい。これまでに、ハダカデバネズミとダマラランドデバネズミ Fukomys damarensis の 2 種でしか報告されていない。

ハダカデバネズミその他

> ハダカデバネズミ脳アトラスの論文 (1)。

  • 大脳皮質の厚さから、マウスと比べた場合に somatosensory が visual よりも発達している可能性が指摘されている。生活スタイルを考えると適応的。
ハダカデバネズミの脳
広告

References

  1. Seki et al., 2013a. Multidimensional MRI-CT atlas of the naked mole-rat brain (Heterocephalus glaber). Front Neuroanat 7, 45.
  2. Amazon link: 吉田、岡ノ谷 2008a. ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係 岩波科学ライブラリー.
  3. Perez et al., 2009a. Protein stability and resistance to oxidative stress are determinants of longevity in the longest-living rodent, naked mole-rat. Proc Natl Acad Sci 106, 3059-3064.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment