リーシュマニア Leishmania: 細胞内に寄生する原生生物

organism/taxa/leishmania
10-9-2017 updated

  1. 概要: リーシュマニアとは

広告

概要: リーシュマニアとは

リーシュマニア Leishmania は、脊椎動物の細胞内に寄生して病気の原因となる生物の一軍で、分類学上は属 genus にあたる。原生生物 protists に属し、ミドリムシと同じ Euglenozoa に分類されている (参考: 生物の分類)。

Leishmania が原因となって起こる病気を リーシュマニア症 Leishmaniasis といい、88 カ国で 10-12 million の人が感染している (1I)。

> ステロール生合成が Lishmania の熱ストレス耐性に必要なことを示した論文 (1)。
  • 細胞膜 の成分であるステロールの生合成は、一般に細胞分裂に必要で、ゆえに多くの薬の標的である。
  • この論文では、sterol C14α-demethylase (C14DM) の不活性化を行っている。
  • C14DM は、アゾール系薬品 azole drugs の主要な標的である。

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Xu et al. 2014a. Sterol biosynthesis is required for heat resistance but not extracellular survival in Leishmania. PLoS Pathog 10, e1004427.