アディポネクチン受容体: 機能、分布など

protein_gene/a/adiponectin_receptor
2018/04/01 更新

  1. 概要: アディポネクチン受容体とは
  2. アディポネクチン受容体の構造

広告

概要: アディポネクチン受容体

アディポネクチン adiponectin は脂肪組織 adipose tissue から血液中に分泌されるホルモンで、メタボリックシンドローム抑制する ように作用する分子として注目されている。アディポネクチン受容体は、その受容体である。

ヒトおよび マウス では、少なくとも 2 種類の受容体 AdipoR1 および AdipoR2 がある (1)。マウスでは、AdipoR1 は多くの組織で発現しており、AdipoR2 は肝臓で発現量が多い。


アディポネクチン受容体の構造

AdipoR1/R2 は GPCR であるが、トポロジーが通常の GPCR と逆向きである (1)。つまり、N 末端が細胞内に、C 末端が細胞外にある。

他の GPCR と同様、7 個の膜貫通ドメインをもつ。


広告

広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Yamauchi et al. 2003a. Cloning of adiponectin receptors that mediate antidiabetic metabolic effects. Nature 423, 762-769.