葉酸: Folate (ビタミン B9,ビタミン M)

other_metabolites/coenzyme/folate
11-3-2017 updated


  1. 概要: 葉酸とは
    • 葉酸の構造

広告

概要: 葉酸とは

葉酸 folate, foleic acid とは,図のような構造 (1) をもつ水溶性の低分子である。ビタミン B9,ビタミン M とも呼ばれる。緑黄色野菜に多く含まれる (2)。

生体内で代謝されたあと,補酵素 coenzyme としてはたらく。



葉酸は DNA 合成に関わっており,葉酸が不足すると活発な細胞分裂が阻害される。大きな影響を受けるのが 造血作用 であり,貧血や免疫機能の減衰は葉酸不足の典型的な症状である。

ビタミン M はそもそも造血因子として同定された物質であった (2)。

構造

構造は複雑に見えるが,


が結合したものである (2)。

グルタミン酸残基に,さらに 2 個または 6 個のグルタミン酸が繋がった複合体もあり,これらも同様に造血作用をもつ。


グルタミン酸。
上の図では葉酸の左上にあり,
アミノ基で安息香酸と結合している。

安息香酸。葉酸ではパラ位にアミノ基が結合しており,それを介してブテリンと結合している。



広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. By Elbreapoly - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link