SAM: 活性型のメチオニン誘導体

aa_carbo_lipid/aa/met_sam
2018/04/24 更新

  1. 概要: SAM とは

広告

概要: SAM とは

S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionine, SAM は下のような構造 (2) をもつアデノシンとメチオニン Met から合成される化合物である。

メチル基の供与体 として機能し、活性メチオニンとも呼ばれる。ヒトの多くの組織および体液に存在し、免疫系、生体膜 の維持などに重要である。またセロトニン、メラトニン、ドーパミンなどの神経伝達物質の分解にも関与する。


ビタミン B12 や葉酸 folate (ビタミン B9) と関係しており、これらのビタミンの不足は SAM の不足に繋がる可能性がある。また、メチオニン の不足もむろん SAM の不足を引き起こし、うつ病 depression のリスクを増大させる。

SAM の不足は心疾患、筋萎縮性側索硬化症 amyotrophic lateral sclerosis、ウイルス感染のリスクなどを関係している。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Berg et al. 2006a. (Book). Biochemistry, 6th edition.
  2. By Edgar181 - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5848615
  3. Su et al. 2016a (Review). Metabolic control of methylation and acetylation. Curr Opin Chem Biol 30, 52-60.