内部標準遺伝子: 主にリアルタイム PCR の内部標準について

experiments/rna/internal_control_genes
8-26-2017 updated


  1. 概要: 内部標準とは
  2. よく使われる遺伝子
  3. Normalization factor (追加予定)

広告

概要: 内部標準とは

RNA 定量実験では,一般に細胞や組織から RNA を抽出し,リアルタイム PCR などの実験により mRNA の量を測定する。mRNA の絶対量を算出する 絶対定量 absolute quantification と,特定の遺伝子に対する相対量で表す 相対定量 relative quantification がある。

内部標準遺伝子 internal control gene とは,相対定量において興味のある遺伝子 (標的遺伝子 target gene) 量の標準化に使われる遺伝子のことである。

絶対定量と相対定量には,以下のような違いがある。

  • 最初の組織量や RNA の抽出量が異なると,絶対定量では mRNA 量が大きくばらついてしまう。また,脂肪組織などそもそも mRNA の総量が違う組織での議論が難しい。
  • 相対定量ではこの心配はないが,内部標準遺伝子の mRNA 量が本当に均一であるのかという問題が生じる。

どちらが優れた方法というわけではなく,そのデータを使って何を言いたいのかをよく考え,定量法を決定すべきである。


ハウスキーピング遺伝子

理想的な内部標準遺伝子は,以下のような条件を満たす。もちろん,実際にこんな遺伝子はないが,なるべく近い条件の遺伝子を使うことが望ましい (2)。

  • 各組織で RNA 量が等しい。とくに,組織間で標的遺伝子の mRNA 量を比較したい場合に重要。
  • 刺激の前後で RNA 量が変化しない。刺激を与える実験で。
  • 標的遺伝子と RNA 量が近い。これを考えると, RNA 量が著しく多い rRNA は内部標準には向かないことになる。

よく使われる遺伝子

遺伝子名 説明
rRNA

RNA 量が著しく多いので,定量のための内部標準には向かない。

β-actin
GAPDH

解糖系 の遺伝子であり,当然変動する。なぜこれが内部標準に使われるのかよくわからないが,おそらく「量が一定」ではなく「どの細胞でも発現している」という理由から使われ始め,なんとなく内部標準のような雰囲気になってしまったのではないかと考えている。



広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Vandesompele et al. 2002a. Accurate normalization of real-time quantitative RT-PCR data by geometric averaging of multiple internal control genes. Genome Biol, 3, 0034.
  2. Zhang & Hun 2007a. Development and validation of endogenous reference genes for expression profiling of medaka (Oryzias latipes) exposed to endocrine disrupting chemicals by quantitative real-time RT-PCR. Toxicol Sci 95, 356-368.

関連ページ