プラスミド: 染色体外に存在する環状DNA

other_metabolites/nucleic_acid/plasmid
9-9-2017 updated


  1. 概要: プラスミドとは
  2. プラスミドベクターの特徴

広告

概要: プラスミドとは

プラスミド plasmid とはバクテリアに含まれる DNA から成る構造で、染色体とは独立して分裂することができる。英語での定義は以下の通り (1)。

A structure in bacterial cells consisting of DNA that can exist and replicate independently of the chromosome.


抗生物質への耐性などを宿主に付与する機能がある。分子生物学実験では、遺伝子を運ぶためのベクター vector としてよく使われる (参考: ベクター関連の用語集)。


プラスミドベクターの特徴

分子生物学実験でよく使われるプラスミドベクターを表にした。

pUC

500 - 700 の高コピープラスミド (2)。

pET

タンパク質の大腸菌発現系でよく使われる。

pGEX

pBruescript


広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Amazon link: Hine (2015). Oxford Dictionary of Biology.
  2. Green and Sambrook, 2012a. Molecular cloning: A laboratory manual, 4th edition. Cold Spring Harbor Laboratory Press.