グラム陰性菌が作る糖脂質 LPS:
構造、特徴、免疫応答など

UBC/aa_carbo_lipid/lipid/lps

このページの最終更新日: 2019/03/27

  1. 概要: LPS とは

広告

概要: LPS とは

リポ多糖という日本語名があるが、lipopolysaccharide の略称である LPS という単語が一般的に使われている。LPS は グラム陰性菌の細胞壁外膜の構成成分 であり、さまざまな免疫応答を引き起こす分子である。

LPS は、免疫系の重要な受容体である toll-like receptor の一つ TLR4 のリガンドであり、引き起こす免疫応答の多くは LPS とこの分子との相互作用による。

LPS は、以下の図 (1) のような構造をもっている。すなわち、4 から 40 回の糖鎖の繰り返し構造である O 抗原 と、コア多糖 core oligosaccharide と呼ばれる糖鎖が、細胞膜 に差し込まれている Lipid A という構造に繋がっている。



LPS は、原則としてグラム陰性菌が死んだときに細胞壁から遊離する。


広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. By Tipmj - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link