健康促進作用が知られる糖 マンノース:
構造、代謝など

aa_carbo_lipid/carbohydrate/mannose
2018/04/15 更新

  1. 概要: マンノースとは

広告

概要: マンノースとは

マンノース mannose は図のような構造 (1) の単糖 monosaccharide で、グルコース の構造異性体である。タンパク質や脂質の glycosylation に重要 であり、抗炎症活性などをもつことでも知られている。



ブルーベリー、クランベリーなど多くの植物や果物に含まれる。尿管や膀胱の健康に必要とされる。粘液にも多く含まれる。フルクトース と同様に、五員環および六員環の両方の構造をとる。

ヒトの体内で、グルコースから合成される。

代謝の際は、mannose-6-phosphate が phosphomannose isomerase によって fructose-6-phosphate に変換され、解糖系 に入る。Glucose-6-phosphate を通して 糖新生 経路に入る場合もあるようである。

アルコール型はマンニトール mannitol である。


広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. By Ed (Edgar181) - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link