オイルレッド O による脂質染色:
原理, プロトコール, 定量法など

reagents/o/oil_red_o
2018/06/12 更新

  1. 概要: オイルレッド O とは
  2. オイルレッド O 染色のプロトコール
  3. オイルレッド O 染色後の定量法
    • イソプロ抽出と比色定量
    • 画像解析
  4. その他の脂質染色試薬

広告

概要: オイルレッド O とは

オイルレッド O は下のような構造 (1) をもつ赤い色素である。極性が低いため、油滴 lipid droplet に特異的に溶解することで脂質 lipid を染色する (2)。


たとえば脂肪細胞 adipocyte の分化の程度を評価するときに、下の図 (4) のようにシャーレを丸ごと oil red O 染色するという方法がとられる。下の図は、3T3C2 という細胞に PPARδ を発現させ、パルミチン酸や α-リノレン酸を投与すると分化が促進される (より赤く染まる) ことを示している。



Limitation (注意点)

トリアシルグリセロールジアシルグリセロール、コレステリルエステルなど極性の低い脂質 (中性脂質) は染色できるが、リン脂質、スフィンゴ脂質、セラミドなど極性の高いものは染まらない (2)。

パラフィンで固定した組織など、固定する過程でアルコールなどの有機溶媒を使った場合には、脂質が流出しているので、オイルレッド O 染色には適さない。


オイルレッド O 染色のプロトコール

プロトコールはシンプルで、4% PFA で組織を固定し、イソプロパノールに溶解したオイルレッド O で染色する。あとで時間がとれたら、step by step のプロトコールを載せる。

Nature protocol に論文がある (2) ほか、筑波大学 深水研究室 のページに細胞のオイルレッド染色プロトコールが載っている (3)。


広告

オイルレッド O 染色後の定量法

Oil red O 染色自体は定性的な実験法だが、いくつか定量法が報告されている。

イソプロ抽出と比色定量

オイルレッド染色した細胞から、100% イソプロパノールを使って色素を抽出することができる。抽出液の 500 nm 吸光度を測定することで、染色の具合を定量できる。

For quantification, ORO was eluted from the cells using 100% isopropanol and the absorbance of the eluate was determined at 500 nm wavelength against isopropanol (blank) (6).

画像解析

  • Reference 5 には "For quantification of lipid droplets the amount of red pixels in each frame was calculated using images imported into Adobe Photoshop" という記載がある。しかし、どのように「pixel の赤さ」を評価したのか書かれていない。

その他の脂質染色試薬

Ref 7 のページに詳細あり。

Nile red

Nile blue

酸性脂質 (青)、中性脂質 (赤) の染め分けが可能。

ズダン III

ズダン IV

脂溶性が強く、ズダン III より安定した結果が得られやすい。

ズダンブラック

他のズダン染色より安定。黒または黒青色に染まる。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. By Harbin - Own work, Public Domain, Link
  2. Mehlem et al. 2013a. Imaging of neutral lipids by oil red O for analyzing the metabolic status in health and disease. Nat Protocol 8, 1149-1154.
  3. Oil Red O 染色 (青山 久範). Link: Last access 810/2017.
  4. Bastie et al. 1999a. Expression of peroxisome proliferator-activated receptor PPARδ promotes induction of PPARγ and adipocyte differentiation in 3T3C2 fibroblasts. J Biol Chem 274, 21920-21925.
  5. Hagberg et al. 2010a. EVascular endothelial growth factor B controls endothelial fatty acid uptake. Nature 464, 917-921.
  6. Skrzypski et al. 2011a. Orexin A stimulates glucose uptake, lipid accumulation and adiponectin secretion from 3T3-L1 adipocytes and isolated primary rat adipocytes. Diabetologia 54, 1841-1852.
  7. Wako ナイルレッド・オイルレッドO. Link: Last access 2018/06/12.

JBC の図を引用しています。詳しくは 学術雑誌の著作権に対する姿勢 のページをご覧下さい。