核内受容体:
脂溶性リガンドと結合するタンパク質ファミリー

protein_gene/n/nuclear_receptor
2018/04/03 更新

  1. 概要: 核内受容体とは
  2. 核内受容体の一般的な構造

広告

概要: 核内受容体とは

核内受容体は、NR0 から NR6 の 7 つのファミリーに分けられている (3)。文献 1 では、これを踏まえた上でさらに機能ごとに核内受容体を分類している。このサイトでは、文献 1 の分類方法を踏襲するが、まだ分類途中。

核内受容体には、リガンドが同定されていない orphan receptor が多く存在する。

NR0 ファミリー

NR0B
DAX-like receptors

両方とも orphan receptor である。

NR0B1: DAX1。

NR0B2: SHP。

NR1 ファミリー

大きなファミリー。

NR1A
甲状腺ホルモン受容体

NR1B
レチノイン酸受容体

いずれも tretinoin (レチノイン酸) で活性化される。

NR1B1: Retinoic acid receptor-α (RARA)。

NR1B2: Retinoic acid receptor-β (RARB)。

NR1B3: Retinoic acid receptor-γ (RARG)。

NR1C
PPARs

ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体という日本語名よりも PPAR の方が馴染み深いだろう。

NR1D
Rev-Erb receptors

NR1D1: Rev-Erb-α、リガンドが不明な orphan receptor。

NR1D2: Rev-Erb-β、リガンドが不明な orphan receptor。

両者ともサーカディアンリズム、代謝、炎症などに関連する遺伝子の発現を制御する。

NR1F
Retinoic acid-related orphans

NR1H
Liver X receptor-like receptors

NR1H4: Farnesoid X receptor (FXR)、胆汁酸が natural ligand。Ref 1 では α ではなくただの FXR だが、FXRα と書かれる場合もある。マウスには 4 つの splice isoform があり、FXRα1 - 4 と呼ばれる。。

NR1H5: Farnesoid X receptor-β、オキシステロイド類および胆汁酸が natural ligand。

NR1H3: Liver X receptor (LXR)-α、オキシステロイド類が natural ligand。

NR1H2: Liver X receptor (LXR)-β、オキシステロイド類が natural ligand。

NR1I
Vitamin D receptor-like receptors

NR1I1: Vitamin D receptor。

NR1I2: Pregnane X receptor (PXR)。PXR の活性化は、肝細胞の増殖を促進し、肝臓を肥大させる。PPAR や CAR のアゴニストにも似た作用がある。Steroid and xenobiotic receptor (SXR) とも呼ばれる。

NR1I3: Constitutive androstane receptor (CAR)。Xenobiotics, androstanes が natural ligand と考えられている。

NR2 ファミリー

Ref 1 には、NR2 ファミリーとして A, B, C, E, F のみが載っている。

NR2A
Hepatocyte nuclear factor-4 receptors, HNF4

NR2A1: Hepatocyte nuclear factor-4-α (HNF4A)

NR2A2: Hepatocyte nuclear factor-4-γ (HNF4G)

Hepatocyte でなく hepatic と書かれている場合もある。

NR2B
Retinoid X receptors, RXR

NR2B1: Retinoid X receptor-α (RXRA)

NR2B2: Retinoid X receptor-β (RXRB)

NR2B3: Retinoid X receptor-γ (RXRG)

NR2C
Testicular receptors

NR2C1: Testicular receptor 2

NR2C2: Testicular receptor 4, TR4 orphan receptor, TAK1 などとも呼ばれる orphan receptor。

NR2E
Tailless-like receptors

NR2E1: TLX。Tailless はもともとショウジョウバエで発見された遺伝子で、マウスなどのオーソログはそれと似ているという意味で X がつく。

NR2E3: Photoreceptor-specific nuclear receptor (PNR)。

2 番は欠番のようで、少なくとも Ref 1 には含まれていない。

NR2F
COUP-TF-like receptors

いずれも orphan receptor。1, 2, 6 のみが Ref 1 に載っている。

NR2F1: COUP-TF1

NR2F2: COUP-TF2

NR2F6: V-erbA-related gene

NR3 ファミリー

Estrogen receptors, estrogen-related receptors, 3-ketosteroid receptors の 3 グループにされに分けられる。

NR3A
Estrogen receptors

以下の 2 つとも、17β-エストラジオールが代表的なリガンドである。

NR3A1: Estrogen receptor-α、ESR1 とも呼ばれる。

NR3A2: Estrogen receptor-β、ESR2 とも呼ばれる。

NR3B
Estrogen-related receptors

さらに 3 つに分けられ、いずれも orphan receptor。略称には ERR と ESRR の両方が使われるが、マウスでは公式遺伝子シンボルは Esrr である。

NR3B1: Estrogen-related receptor-α とも呼ばれる。

NR3B2: Estrogen-related receptor-β とも呼ばれる。

NR3B3: Estrogen-related receptor-γ とも呼ばれる。

NR3C
3-Ketosteroid receptors

さらに 4 つに分けられる。

NR3C1: グルココルチコイド受容体。コルチゾル cortisol およびコルチコステロン corticosterone が主な内在性リガンド (1)。デキサメタゾン dexamethasone は人工のアゴニスト。

NR3C2: ミネラルコルチコイド受容体。

NR3C3: プロゲステロン受容体。

NR3C4: アンドロゲン受容体。

NR4 ファミリー

神経の成長に関係したきのうをもつ核内受容体。4A1, 4A2, 4A3 があり、全て nerve growth factor IB-like receptors である (1)。3 つとも orphan receptor とされている。

NR4A
Nerve growth factor IB-like receptors

NR4A1:

NR4A2: Ventral midbrain dopaminergic neuron の発生に必要で、パーキンソン病 との関係が示されている (4)。

NR4A3:

NR5 ファミリー

NR5A
Fushi tarazu F1-like receptors

NR5A1: Steroidogenec factor 1。

NR5A2: Liver receptor homolog-1 (LRH-1)。


広告

核内受容体の一般的な構造

A/B, C, D, E および F ドメインから成る。

A/B

C

DNA-binding domain で、もっとも配列の保存性が高い (2)。

D

配列の保存性が低く、C および E ドメインを繋ぐヒンジとしての機能しかもっていないと考えられている。

E

Ligand-binding domain

F


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Nuclear hormone receptor list. IUPHAR/BPS Guide to pharmacology. Link: Last access 10/15/2017.
  2. Kumar and Thompson, 1999a. The structure of the nuclear hormone receptors. Steroids. 64, 310-319.
  3. Nuclear Receptors Nomenclature Committee, 1999a. A unified nomenclature system for the nuclear receptor superfamily. Cell 97, 161-163.
  4. Kadkhodaei et al. 2013a. Transcription factor Nurr1 maintains fiber integrity and nuclear-encoded mitochondrial gene expression in dopamine neurons. PNAS 110, 2360-2365.

関連書籍