Folch 法による脂質抽出: 原理、プロトコールなど

experiments/lipid/extraction_folch
2018/07/09 更新


  1. 概要: Folch 法とは
  2. Folch 法のプロトコール
    • 組織からの抽出
    • 血清からの抽出

広告

脂質抽出: Folch 法とは

Folch 法は、二層分配を利用した組織からの脂質 lipid の抽出法である (1)。

有機溶媒に粉砕した組織を入れると、脂質は有機溶媒層に移動する。この有機溶媒層を取り出して、溶媒を完全に蒸発させると脂質が残る。この重さから脂質含量を測定する。

Bligh & Dyer 法という方法もよく使われ、両者を比較した論文もある (3)。


Folch 法のプロトコール

組織からの抽出

このページ の内容を、簡略化しつつ日本語にしたものである。Folch のオリジナル論文に基づいており、基本的には以下の項目に従えば定量が可能である。

  1. クロロホルム : メタノール = 2 : 1 の混合液 (C/M solution) を作る。
  2. 組織を 20 倍量の C/M solution 中でホモジナイズする。1 g の組織なら 20 mL を使用する。
  3. 遠心分離または濾過により、溶液を回収する。
  4. 回収した溶液に 0.2 倍量の水または 0.9% NaCl 水溶液を加え、ボルテックスで混合する。
  5. 2000 rpm 程度で遠心分離し、下層のクロロホルム層を回収する。クロロホルム層を乾燥させ、重量法で脂質量を測定する。

血清からの抽出

ペンシルバニア州立大学 (Penn State) が、血清を使った簡単な Folch 法のプロトコールを公開していた (2)。

  1. クロロホルム : メタノール = 2 : 1 の混合液 (C/M solution) を作る。
  2. 血清 25 µL に 100 µL の C/M solution を用いる。
  3. Precellys homogenizer などを使ってサンプルをホモジナイズする。
  4. 5 分間のインキュベート後に 30 秒ほどボルテックスし、遠心機の最大速度で 20 分遠心する。下層 のクロロホルム層を別のチューブに移す。
  5. 窒素ガスで乾燥させ、脂質含量を測定する。このプロトコールでは、このままメタボロミクスに進んでいる。

広告

Tips

脂質抽出にはさまざまなオプションがある。


ホモジナイズの段階
  • クロロホルム・メタノールを混合してから加えるよりも、メタノールを最初に入れる方が組織が脱水され、ホモジナイズしやすくなる。
  • 組織を 凍結乾燥 してから行うプロトコールもある。ホモジナイズは簡単になるが、脂質の酸化が進むと思われるので、あまり推奨できない。

組織を取り除く段階
  • 遠心でなく、濾過で取り除く場合もある。この場合、組織や濾紙をクロロホルム・メタノール混合液で共洗いし、脂質を完全に回収する。

有機溶媒を飛ばす段階
  • 飛ばしたい有機溶媒の量によって、ロータリーエバポレーター、スピードバック、窒素ガス吹き付けなどの方法がある。

広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Folch et al. 1957a. A simple method for the isolation and purification of total lipids from animal tissues. J Biol Chem 226, 497-509.
  2. PennState protocol. Folch Plasma Lipid Extraction Protocol. (リンク切れ)
  3. Iverson et al. 2001a. Comparison of the Bligh and Dyer and Folch methods for total lipid determination in a broad range of marine tissue.Lipids 36, 1283-1287.