水性溶媒 NMR 化学シフトの基準物質 TMS: 構造、使用法など

reagents/t/tmsp
2018/05/15 更新

  1. 概要: トリメチルシリルプロパン酸 TMSP とは
  2. TMSP の使用方法

広告

概要: トリメチルシリルプロパン酸 TMSP とは

トリメチルシリルプロパン酸 (TMSP; trimethylsilyl propanoic acid) は図のような構造 (3) をもつ化学物質で、水性溶媒を使った NMR の標準物質である (1)。



他によく使われる内部基準物質として,4,4-ジメチル-4-シラペンタン-1-スルホン酸 DSS および テトラメチルシラン がある。TMS は有機溶媒の NMR で用いられる。

Plasma などタンパク質の多い溶液では,TSP を内部標準に使ってはいけない。タンパク質に結合するため (2)。 水溶液系 NMR の内部標準は,DSS およびこの TSP が汎用されるが,これらはいずれも血漿中でアルブミンに吸着し,信号強度が低下する (1)。またケミカルシフトも変化するので,血漿 NMR の内部標準としては適切でない。

具体的には,TSP の信号強度は血漿を希釈して用いると急激に増大する (1)。何かに吸着していると思われる。同様の現象が DSS でも観察された。この報告では,ギ酸カルシウムがヒト血漿の内部標準として適当であることを示している。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. 安藤 2012a.1H-NMR メタボロミクスの メタボロミクスの メタボロミクスの基礎技術開発と透析治療への応用. 東北大学博士論文.
  2. Beckonert et al. 2007a (Review). Metabolic profiling, metabolomic and metabonomic procedures for NMR spectroscopy of urine, plasma, serum and tissue extracts. Nat Protoc 2, 2692-2703.
  3. By en:User_talk:Ronhjones - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link