ポリエチレングリコール (PEG): 核酸精製に使う高分子

reagents/p/peg
7-18-2017 updated

  1. 概要: ポリエチレングリコールとは
  2. PEG 沈の特徴とプロトコール

広告

概要: ポリエチレングリコールとは

ポリエチレングリコール (polyehylene glycol; PEG) は右のような構造 (1) をもつエチレングリコールが、繋がったものである。

繰り返し単位は CH2-CH2-O なので、一般式は HO-(CH2-CH2-O)n-H と表される。



広告

PEG 沈の特徴とプロトコール

PEG は DNA や RNA から水和水を奪う性質があるので、エタノール と同様に核酸の沈殿に用いることができる (2)。一般にエタ沈 に対して PEG 沈 という。

短い DNA および RNA が沈殿しにくい のが PEG 沈の特徴で、プラスミドの精製 後に溶液から RNA をのぞいたり、PCR 後にプライマーを除去したりする目的で使われる (2)。

  • PEG8000 を 6.5%、NaCl を終濃度 0.8 M で加える。4°C で 1 時間置いたのち遠心すると DNA が得られる (2)。
  • または、PEG8000 を 10%、MgCl2 を終濃度 10 mM で加え、直ちに室温で 10 分遠心すると、100 bp 以下のフラグメントは沈殿しない (2)。

各種の塩の特徴などは エタ沈のページ にまとめてあるので、リンク先を参照のこと。

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. By コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、Calveroだと推定されます(著作権の主張に基づく) - コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、投稿者自身による作品だと推定されます(著作権の主張に基づく), パブリック・ドメイン, Link
  2. 春木 2011a. エタノール沈殿あれこれ. 生物工学 89, 254-256.