脳下垂体: 機能、構造、産生ホルモンなど

UBC/other_topics/brain/subiculum_rat

このページの最終更新日: 2023/01/19

  1. 概要: 下垂体とは
  2. 脳下垂体の構造

広告

概要: 下垂体とは

脳下垂体 pituitary とは、脳からぶら下がっているように見える内分泌器官である (図は ref 1 より)。

下垂体は 視床下部 hypothalamus と密接な関係にある。視床下部で産生されるホルモンが下垂体を刺激し、下垂体ホルモンを作らせる。これが体の各部分に作用する。

視床下部のページ に詳細を示しているが、以下の 3 つの経路がとくに有名である。図 (ref 2) は視床下部 - 下垂体 - 副腎系を示したもの。

  • 視床下部 - 下垂体 - 副腎系: ストレス応答などを制御
  • 視床下部 - 下垂体 - 体細胞系: 成長などを制御
  • 視床下部 - 下垂体 - 生殖腺系: 生殖活動などを制御
視床下部-下垂体-副腎系の模式図

脳下垂体の構造

脳下垂体の構造的分類方法は複数あるが、前葉後葉 に分けるのが一般的である。

視床下部と脳下垂体は、後葉で pituitary stalk (infundibular stalk, Fenderson's funnel, または the infundibulum とも呼ばれる) という構造を介して繋がっている。

Pituitary stalk, 視床下部と下垂体後葉を繋ぐ構造

前葉は脳下垂体の 80% を占め、英語では adenohypophysis または anterior pituitary などと以下のような ホルモン を作る。

  • 成長ホルモン Growth hormone, GH
  • 甲状腺刺激ホルモン
  • 副腎皮質刺激ホルモン
  • 卵胞刺激ホルモン
  • 黄体形成ホルモン
  • プロラクチン
  • ベータメラノサイト刺激ホルモン
  • エンケファリン
  • エンドルフィン

一方、後葉で作られるホルモンは少ない。


広告

References

  1. Images are generated by Life Science Databases(LSDB). - from Anatomography, website maintained by Life Science Databases(LSDB).You can get this image through URL below. 次のアドレスからこのファイルで使用している画像を取得できますURL., CC BY-SA 2.1 jp, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7833196による
  2. By Anatomography - en:Anatomography (setting page of this image), CC BY-SA 2.1 jp, Link

コメント欄

サーバー移転のため、コメント欄は一時閉鎖中です。サイドバーから「管理人への質問」へどうぞ。