クレアチン: 筋肉や脳の ATP 貯蔵分子

other_metabolites/organic_acids/creatine
9-30-2017 updated


広告

概要: クレアチンとは

クレアチン (creatine 1-メチルグアニジノ酢酸) は、生体内で ATP 依存的にリン酸化され 4-ホスホクレアチン 4-phosphocreatine となることで、ATP のエネルギーを貯蔵する役割をもつ分子である。

ATP が枯渇することが好ましくない組織、主に筋肉と に多く分布する。

creatine

> 脳の存在量についてはいくつか文献がある。
  • Normal adult human brain, 5.1 - 10.6 µg/kgww (1)
  • Human 4.5 - 10.5 mmol/L, rat 4.5 - 5.5 mmol/L (brain tissue density = 1.05 g/mL ) (2).

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Govindaraju et al. 2000a.Proton NMR chemical shifts and coupling constants for brain metabolites. NMR Biomed 13, 129-153.
  2. de Graaf, 2007. In vivo NMR spectroscopy, 2nd edition.