脂肪の吸収を助けるコレステロール誘導体 胆汁酸:
機能、代謝、組成など

UBC/other_metabolites/organic_acids/bile_acid

このページの最終更新日: 2019/11/08

  1. 概要: 胆汁酸とは

広告

概要: 胆汁酸とは

胆汁酸 bile acid とは、胆汁に含まれるステロイド誘導体で、コラン酸骨格をもつ化合物の総称である。消化管内でミセルの形成を促進し、脂肪 の吸収を助ける機能がある。

一般に肝臓でコレステロール cholesterol から生合成されるものを 一次胆汁酸、それが腸管内で腸内細菌によって代謝されて生じたものを 二次胆汁酸 という。

図 (1) は、ヒトの一次胆汁酸としてもっとも多いコール酸 cholic acid の構造である。



胆汁酸は、核内受容体 である farnesoid X receptor (FXR) に結合する。


広告

広告

References

  1. パブリック・ドメイン, Link

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment