レタス

food_science/vegee/lettuce
4-16-2017 updated

  1. 概要: レタスとは

広告

概要: レタスとは

レタス Lactuca sativa は、和名ではチシャと呼ばれる野菜である。サラダとして生食されることが多いが、中華炒め、クリーム煮などの加熱料理も普及している。

染色体構成は 2n = 18 の 2 倍体で、東地中海地方に起源をもつ (2I)。

遺伝子組み換えレタス

遺伝子組み換え作物のページ でまとめているように、レタスも遺伝子組み換えの対象となっている。エンドウマメ pea のplastocyanim promoter の制御下で Arabidopsis の KNAT1 homeobox gene を発現するトランスジェニックレタスは、その特徴がよく解析されている (1I)。葉脈の分岐が多いなど、形態に変化が出るようである。

> GM およびコントロールのレタスで NMR メタボロミクスを行なった論文 (1)。
  • GM vs non-GM metabolomics では、遺伝的背景と環境条件を厳しく揃える必要がある。
  • Transgene を行なった系統のサンプルをコントロールに使うのが理想。レタスなど自家受精でホモなものは良い。
  • 凍結乾燥した試料から D2O で代謝産物を抽出するのが一番簡単である。
  • NMR peaks は pH の影響を受けやすいので、buffer は十分な強度のものを使う。
  • Fe3+, Mg2+ などをキレートする citric acid, malic acid などは、ピークがブロードになる。これは EDTA で防げる。
  • クラスター解析と PCA をやっている。

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

    Sobolev et al. 2010a. NMR-metabolic methodology in the study of GM foods. Nutrients 2, 1-15.