痛みのゲート制御理論とは

UBC/cell/neuron/gate_control

このページの最終更新日: 2021/01/17

  1. 概要: 痛みのゲート制御理論とは

広告

概要: 痛みのゲート制御理論とは

痛みのゲート制御理論 gate control theory とは、1965 年に発表された痛みの制御に関する理論である (1)。

最もわかりやすい説明は、触ることで痛みが和らぐ だろうか。例えば、多くの人は手をどこかにぶつけて痛みを感じたら、「痛い・・」と言って反対の手でさするはずである。しかし、これはよく考えてみると意味がわからない。その部分を触っても、手をぶつけた物理的ダメージが回復するということはないはずだ。

この行動は、触る刺激を伝える神経が、痛みの刺激を伝える神経の活動を抑えつつ触刺激の信号を伝えることから説明できる。つまり、触ることによって痛みの信号が抑制され、痛みを感じにくくなるのである。「痛いの痛いの、飛んでけ〜」のメカニズムである。

このページでは、


広告

References

  1. Melzack et al, 1965a. Science 150, 971-979.
  2. By self - self-made in Inkscape, CC BY 3.0, Link
  3. By self - self-made in Inkscape, CC BY-SA 3.0, Link

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

写真素材無料【写真AC】

新しく写真の提供を始めました。どんどん追加していきますので、無料登録後に Ultrabem の写真 をご覧下さい。詳細は こちら に。