ペプチドグリカン: バクテリア細胞壁の構成成分

cell/membrane/peptideglycan
2018/06/22 更新


  1. 概要: ペプチドグリカンとは

広告

概要: ペプチドグリカンとは

ペプチドグリカン peptideglycan は、ペプチドと糖から成る高分子のことで、バクテリアの細胞壁に含まれることで知られている物質である。

なお、ここでいうバクテリアは狭義のバクテリアであり、真正細菌 eubacteria は含むが古細菌 archaea は含まない (参考: 原核生物 prokaryotes のページ)。なお、真正細菌と古細菌は 細胞膜 の組成にも大きな違いがある。

以下は代表的なペプチドグリカンの模式図である。ペプチドと糖が架橋した網目構造をもつ。




広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. By MouagipこのベクターイメージAdobe Illustratorで作成されました. - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link

参考書