スレオニンの構造、機能、代謝: 被リン酸化アミノ酸

aa_carbo_lipid/aaaa/thr
2018/02/22 更新

  1. 概要: Thr とは

広告

概要: スレオニンとは

スレオニン Thr は水酸基 -OH を側鎖にもつアミノ酸 amino acid である。水酸基でリン酸化されることが大きな特徴。

セリンの側鎖 CH2OH にメチル基がついた構造をもつ。側鎖に不斉炭素原子があるタンパク質構成アミノ酸は、スレオニンと イソロイシン のみである。


  • pK1 (COOH) = 2.1
  • pK2 (NH3+) = 9.1
  • pK3 (側鎖) = 約 13
  • 必須

スレオニンは、William Cumming Rose (1887-1985) によって発見された。20 種類のタンパク質構成アミノ酸のうち、最後に発見されたアミノ酸である。

Thr の分解

Thr と Ser からは、Thr dehydratase または Ser dehydratase の作用によって 直接アミノ基を NH4+ として取り除くことができる (1)。炭素骨格はピルビン酸となり、糖新生や TCA 回路 によって代謝される。


広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Berg et al. 2006a. (Book). Biochemistry, 6th edition.