環状構造をもつ helix breaker プロリン:
構造、機能、代謝など

UBC/aa_carbo_lipid/aa/pro

このページの最終更新日: 2020/06/11

  1. 概要: Pro とは
    • Pro の生理機能・生化学的特徴
  2. Pro の生合成
  3. Pro の分解

広告

概要: Pro とは

プロリン (proline, Pro, P) は図のような構造をもつ分子である。アミノ基 NH2 をもたないため、厳密にはアミノ酸ではないが、通常はタンパク質 protein を構成する 20 種のアミノ酸の一つと分類される。



以下の図 (Public domain) のように、-COOH に五員環がついた構造とも見ることができる。この環はピロリジンと呼ばれる構造であるため、プロリンの系統名はピロリジン-2-カルボン酸 pyrrolidine-2-carboxylic acid である。




Pro の生理機能・生化学的特徴

プロリンには、以下のような特徴がある (2)。

  • アルギニン 生合成の原料である。アルギニンは 尿素回路 で重要なので、Pro 摂取は正常な窒素代謝を維持するために重要である。
  • 抗酸化物質として働く。
  • TOR を活性化する。
  • ヒドロキシプロリン hydroxyproline は、コラーゲン の重要な構成要素である。
  • 環状構造がタンパク質の構造に大きく影響する。例えば、Pro が含まれていると α-helix 構造が不安定になる。

広告

Pro の生合成

哺乳類では、プロリンは主に小腸および肝臓で合成される。合成経路は、組織によって異なっている。


肝臓での Pro の生合成

肝臓には尿素経路があり、Pro は尿素経路の中間体であるオルニチン ornitine から生合成される。オルニチン-オキソ酸アミノトランスフェラーゼ (EC 2.6.1.13) およびピロリン-5-カルボン酸レダクターゼ (EC 1.5.1.2) に触媒されるが、両酵素による反応の間に、非酵素的に進む側鎖の閉環反応が含まれる。


小腸での Pro の生合成

小腸では、まずグルタミンまたはグルタミン酸からオルニチンが合成される。以降の反応は、肝臓における生合成と同じである。


Pro の分解

Pro は分解時に直接グルタミン酸に変換されるタイプのアミノ酸である (Pro, His, Gln, Arg)。グルタミン酸の窒素原子は NH4+ を経て尿素 urea となって排出される。


広告

References

  1. Amazon link: ストライヤー生化学: 使っているのは英語の 6 版ですが、日本語の 7 版を紹介しています。参考書のページ にレビューがあります。
  2. Wu et al. 2008a. Proline and hydroxyproline metabolism: implications for animal and human nutrition. Amino Acids 40, 1053-1063.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment