イヌ: Canis familiaris

organism/Mammalia/canis_familiaris
3-21-2017 updated

  1. 概要: イヌとは
  2. イヌの起源

広告

概要: イヌとは

イヌのゲノムと形態,性格などに関するレビュー (2)。いつか読む。


Pubmed Taxonomy (2016)

cellular organisms; Eukaryota; Opisthokonta; Metazoa; Eumetazoa; Bilateria; Deuterostomia; Chordata; Craniata; Vertebrata; Gnathostomata; Teleostomi; Euteleostomi; Sarcopterygii; Dipnotetrapodomorpha; Tetrapoda; Amniota; Mammalia; Theria; Eutheria; Boreoeutheria; Laurasiatheria; Carnivora; Caniformia; Canidae; Canis; Canis lupus


イヌの起源

イヌはオオカミの家畜化によって生じたが,その時期,場所および家畜化の回数には様々な説がある (1I)。家畜化は 2 段階に分けて行われたというのが通説のようである (1I)。すなわち,gray wolf からの 1 回目の家畜化と,その primitive dogs が細分化する過程である。

> 58 種のゲノム解析でイヌの起源が東アジアであることを示した論文 (1R)。
  • 図もこの論文から引用した。
  • これまでの解析は,southen East Asia を含めていなかった。
  • 33,000 年前に southern East Asia で家畜化され,15,000 年前に中東へ伝播した。
  • 一部は東アジアに戻ってきており,この地域集団の遺伝的組成を複雑にしている。
  • この結論は,mtDNA および Y 染色体を用いた過去の結果と概ね一致する。
  • これまでは mtDNA などが使われてきたが,single locus study は 遺伝的浮動などの影響を受けやすい。全ゲノムを使った本研究の方が説得力がある。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Wang et al. 2016a. Out of southern East Asia: the natural history of domestic dogs across the world. Cell Res 26, 21-33. CC-BY-SA 4.0*.
  2. Parker et al. 2010a. Man's best friend becomes biology's best in show: genome analyses in the domestic dog. Annu Rev Genet 44, 309-336.

*This license allows readers to copy, distribute and transmit the Contribution as long as it attributed back to the author. Readers are permitted to alter, transform or build upon the Contribution as long as the resulting work is then distributed under this is a similar license. Readers are not permitted to use the Contribution for commercial purposes. Please read the full license for further details at - http://creativecommons.org/ licenses/by-nc-sa/4.0/