ケシの花からとれる麻酔薬 モルヒネ: 構造、作用機序など

UBC/reagents/m/morphine

このページの最終更新日: 2021/08/18

  1. 概要: モルヒネとは

広告

概要: モルヒネとは

モルヒネ morphine は図のような構造 (Public domain) をもつ物質で、麻酔作用を示す。アミノ酸 である チロシン から合成される化合物で、アルカロイド、オピオイドの一種である。


モルヒネの構造

オピオイド神経を興奮させ、痛みの神経伝達を遮断することで鎮痛作用を示す。慢性疼痛や各種の原因による疼痛を緩和する目的で使われる。ただし、触覚や鋭い痛みには影響せず、鈍い痛みのみを抑制する (1)。

References

  1. 堀田, 2014a. マイクロコーンによる疼痛緩和の神経性機序. 全人的医療, 13, 39-45.

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment