メルカプトエタノール: SDS-PAGE で使われる還元剤

reagents/m/mercaptoethanol
2018/01/19 更新

  1. 概要: メルカプトエタノールとは

広告

概要: メルカプトエタノールとは

一般に「メルカプトエタノール」と言った場合には、下のような構造の 2-メルカプトエタノールを意味する。

メルカプト基 -SH が 2 位に入ったエタノールである。

HS-CH2-CH2-OH

還元剤: メルカプトエタノール

メルカプトエタノールは 還元剤 reducing agent であり、とくにシステイン cysteine 同士が形成する ジスルフィド結合 を切断するために使われることが多い。反応は以下の通り (1)。



2 分子のメルカプトエタノールが結合することで、システイン同士のジスルフィド結合を切断する。この性質は、次のような実験で利用されている。

  • SDS-PAGE
  • タンパク質の酸化防止剤: 同じく還元剤である DTT が使われることもある


広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. パブリック・ドメイン, Link