M9 最小培地: 組成、作り方

reagents/m/m9_minimal_medium
2018/01/19 更新

  1. M9 最小培地の組成と作り方

広告

M9 最小培地の組成と作り方

オートクレーブできるものとできないものが含まれているので、作り方はやや複雑である。まずオートクレーブ可能な塩類を混ぜた M9 salts というものを作り、ここに グルコース などを添加する。

M9 Salts

Sigma では 5x の塩が以下の組成で売られている (1)。

  • 33.9 g/L Na2HPO4
  • 15 g/L KH2PO4
  • 5 g/L NH4Cl
  • 2.5 g/L NaCl

M9 Agar plate

最終的に 1 L の培地を作る場合のプロトコル (2)。

  1. 200 mL M9 Salts (5x) を 800 mL 弱の蒸留水に加える
  2. 1.5% Agar を加えてオートクレーブ。
  3. 20% グルコース を 20 mL、1 M CaCl2 を 0.1 mL、1 M MgSO4 を 2 mL 加える。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Sigma M9 minimal salts, 5x. Link.
  2. Microbial Techniques: Preparing Minimal Media. Link.