成長ホルモン受容体: 構造、機能、下流シグナルなど

UBC/protein_gene/g/ghr

このページの最終更新日: 2020/02/14

  1. 概要: 成長ホルモン受容体とは
  2. 成長ホルモン受容体の構造

広告

概要: 成長ホルモン受容体 GHR とは

成長ホルモン受容体 (growth hormone receptor; GHR) とは、成長ホルモン GH のシグナルを細胞内に伝える一回膜貫通型の受容体である。


成長ホルモン受容体の構造

GHR は最初に同定されたサイトカイン受容体である (1)。サイトカイン受容体に一般的にみられる特徴として、下の図のように

  1. 細胞膜を 1 回貫通し、細胞外には少なくとも一つの cytokine receptor homology (CHR) domain をもつ (黄色と赤の部分)。
    • 黄色の部分の 2 本線は、2 つの fibronectin III-like domains である。
    • 赤い membrane proximal domain には、WS x WS motif が含まれる。これは、GHR では YGEFS になっている。
  2. 緑の部分のように、additional fibronectin III domains をもつ受容体も多い。
  3. 細胞内には、プロリン proline に富んだ Box 1 モチーフと、それよりも保存性の低い Box 2 motif がある。Box 2 にも多くの芳香族アミノ酸と酸性アミノ酸が含まれ、これらは JAK2 の結合サイトである。



広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Waters and Brooks 2015a (Review). JAK2 activation by growth hormone and other cytokines. Biochem J 466, 1-11. Open Access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution Licence (CC-BY). 著作権のページ も参考にどうぞ。