性決定機構と伴性遺伝:
ショウジョウバエ、魚類、哺乳類など

other_topics/genetics/sex_determination
2018/09/11 更新

  1. 染色体による性決定
    • XX-XY 型
    • XX-XO 型
    • ZZ-ZW 型
    • Haploidiploidy 型
  2. X 染色体の不活性化
  3. 環境による性決定
  4. 伴性遺伝

広告

染色体による性決定

このページでは、複数の動物を例に性決定機構について説明する。以下の知識が前提となるので、理解が曖昧な場合はまずリンク先のページを参照のこと。

XX-XY 型

ヒトおよびショウジョウバエが、XX-XY 型の代表的な例としてよく使われる。


この性決定様式では、XX がメスに、XY がオスになる。

ただし、染色体が性を決定するメカニズムはヒトとショウジョウバエで異なっている。すなわち、ヒトでは Y 染色体上の SRY 遺伝子が性決定するのに対し、ショウジョウバエでは性染色体と常染色体の本数の比によって性が決定される。XXY の個体は、ヒトでは男になるが、ショウジョウバエではメスになる。


XX-XO 型

O は染色体が存在しないことを意味する。つまり、Y 染色体のかわりに空集合のような O が運ばれるわけである。

XX はメスに、XO はオスになる。バッタ grasshopper の例が有名である (1)。


ZZ-ZW 型

昆虫、鳥、爬虫類などでは、性染色体の名前が違う (1)。染色体は W と Z と呼ばれ、オスが WW、メスが WZ である。

この命名はちょっとわかりにくいが、オスとメスの定義が先にあり、ホモでメスになる場合は XY、ホモでオスになる場合は ZW というように染色体を名付けている (1)。


Haploidiploidity 型

ハチなど、追加予定。


広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Amazon link: Pierce 2016. Genetics: A Conceptual Approach: 使っているのは 5 版ですが、6 版を紹介しています。
  2. By GYassineMrabetTalkThis W3C-unspecified vector image was created with Inkscape.iThe source code of this SVG is valid. - Own work, CC BY-SA 4.0, Link