最も軽い元素 ヘリウム: 性状、使われ方、値段など

UBC/other_metabolites/elements/2_helium

このページの最終更新日: 2020/06/11

  1. 概要: ヘリウムとは
  2. ヘリウムの取り扱い
    • デュアー (液体)
    • シリンダー (気体)

広告

概要: ヘリウムとは

ヘリウム helium は、原子番号 2 の元素である。陽子 2 個、中性子 2 個および電子 2 個から成る。最外殻電子が 2 個の 希ガス であり、化学的に極めて安定な原子である。

英語での発音は [hiːliəm]。「ヘリウム」でなく「ヒーリウム」に近いので注意。


広告

ヘリウムの取り扱い

NMR や MRI では、冷却のため定期的なヘリウムの補充が必要となる。この際の注意点などをまとめておく。


デュアー (液体)

液体ヘリウムは、液体窒素 に比べて非常に高価である。もちろん会社によって違うだろうが、私の知っている価格では 2000 円/L 程度。液体窒素の数倍以上はすることになる。

液体ヘリウムは、常温では気化し続けるので、特殊なデュアー dewar に入れられており、少なくとも 4 つのバルブがある。

上部のメインバルブ

大量に液体ヘリウムを汲み出すための太いバルブ。もちろん、ここを開けるとヘリウムは勢いよく蒸発する。開ける前に、ガス抜きバルブでタンク内の圧力を下げておかねばならない。

ガス抜きバルブ 1

メインバルブを開ける前に、ここを開けてタンク内の圧を下げる。ゲージがついていて、タンク内の圧力が表示されるようになっている。

上の写真では、バルブと 90° 方向にゲージがついている。

ガス抜きバルブ 2

常に一定量のヘリウムガスが外に出るようになっている。ここは 常に開 でなければならない。閉まっているとタンク内の圧が上昇し、やがては次の「安全バルブ」が吹っ飛ぶことになる。知らない人が閉めてしまったりするので、ヘリウムのデュアーを見たら圧をチェックする習慣をつけよう。

上の写真では、常に開であるようにテープで固定されている。良心的な業者だと、こういう安全策をとってくれる。

拡大図が以下。

バルブの先端に、黒いゴムのようなものがついている。ここを引っ張ると、少しだけヘリウムが漏れ出してくる。非常にゆっくりと、少しずつヘリウムを排出するように設計されている。

安全バルブ

タンク内の圧力が一定の値を超えると、ここの安全弁が外れるようになっている。


シリンダー (気体)

手元の記録では、50 L のシリンダーが 1 万円程度。レギュレーターのページ も参照のこと。


コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Amazon link: 小城 2002a (Book). 生命にとって酸素とは何か ― 生命を支える中心物質の働きを探る.