FISH: 染色体に対する in situ ハイブリダイゼーション

UBC/experiments/tissue_staining/fish

このページの最終更新日: 2022/07/26

  1. 概要: FISH 法とは

広告

概要: FISH 法とは

FISH は蛍光 in situ ハイブリダイゼーション (fluorescence in situ hybridization) の略であり、語義としては蛍光プローブを用いた in situ ハイブリダイゼーション全般を示す言葉である。

慣用的には、染色体 chromosome に対して行う in situ ハイブリダイゼーションを示す場合が多い (1)。このページでは、染色体を用いる FISH についてまとめる。組織を対象とした FISH については、 in situ ハイブリダイゼーションのページ を参照のこと。

FISH の概要をまとめた図 (Public domain)。

FISH の概要 広告

References

  1. Fluorescence In Situ Hybridization (FISH). Link: Last access 2021/10/5.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment