DNA の電気泳動

experiments/dna/electrophoresis_dgge
5-22-2017 updated


  1. 概要: DGGE 法とは

広告

概要: DGGE とは

変性剤濃度勾配ゲル電気泳動 Denaturation Gradient Gel Electrophoresis とは、ゲル中に尿素 urea やホルムアミド formamide などの変性剤の濃度勾配を作って DNA を電気泳動する手法である。

変性剤の濃度が、泳動中にだんだん高くなっていくようにゲルが作られている。DNA はリン酸基が負電荷を帯びているので、正極に向けて電気泳動されるが、DNA が変性すると負電荷がバッファーに中和され、移動しにくくなる。これにより、DGGE では 塩基長が同じで変性しやすさが異なる DNA を分離することができる

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References