魚の卵巣: 発達段階と見分け方

other_topics/gonad/ovary_fish
tissue という項目に分類しました
2018/01/20 更新

  1. 概要: 魚類の卵巣
  2. 成熟段階と卵巣の形状

広告

概要: 魚類の卵巣

写真はナイルティラピアの卵巣 (3)。卵巣ページ精巣のページ に、生殖腺関係の用語集があります。



魚類の卵巣は、形態から以下の 3 種類に分類される。

Gymnovarian

卵子が体腔に直接放出され、そこから卵管を通って排出される。ハイギョ、チョウザメなどに見られる原始的な方式。

Secondary gymnovarian

卵子は一度体腔に放出されるが、その後、直接卵管に入る。サケ科魚類およびその他数種の真骨魚でみられる。

Cystovarian

ほとんどの真骨魚はこの方式。卵巣から卵管に至る経路が、膜によって繋がっている。


成熟段階と卵巣の形状

魚類の成熟段階は、生殖腺の形状に応じて 4 - 6 段階程度に分類される。以下、4 段階の分類を基本に、それぞれの大まかな特徴を示す。

Immature stage

透明で、やや赤みがかった黄色 pale reddish yellow color であることが多い。中空で双葉構造 bilobed structure をとる。

おそらくこの段階を stage I と II に分けて、それぞれ卵巣がきわめて小さく卵粒が認めがたい状態、卵巣が stage III ほど大きくなく卵粒が認めがたい状態としている報告もある (2)。

Maturing stage

固く膨らんだ状態 firm and turgid になり、淡いオレンジ色 pale orange color を呈する。サイズも大きくなる。

Stage III: 卵巣が肥大し、卵粒が用意に認められる状態 (2)。

Mature stage

成熟した卵巣はさらに大きく膨張し、明るい黄色を呈すとともに、複数の血管も視認できるようになる。卵母細胞 oocyte も肉眼で視認可能である (例えば文献 1, Merluccius merluccius の論文)。

Stage IV: 卵巣が最大となり完熟卵が混入した状態 (2)。
Stage V: 放卵中の状態で、卵巣の大きさは Stage IV よりも小さい。

Spent stage

卵巣は不透明で萎れた状態 flaccid で、色は yellowish brown になる。

Stage VI: 放卵を完了し、卵巣が収縮した状態。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Al-Absawy 2010a. The reproductive biology and the histological and ultrastructural characteristics in ovaries of the female gadidae fish Merluccius merluccius from the Egyptian Mediterranean water. African J Biotech 9, 2544-2559.
  2. 板谷, 藤岡 2006a. 石狩湾におけるソウハチの成熟全長と年齢. 北水試研報 70、81−87.
  3. Sun et al. 2016a. Global DNA methylation changes in Nile tilapia gonads during high temperature-induced masculinization. PLoS ONE, 11, e0158483.