水素結合

other_topics/biochem_basic/bond_hydrogen
8-21-2017 updated

  1. 定義
  2. 水分子の水素結合
  3. DNA の水素結合

広告

概要: 水素結合とは

電気陰性度の高い原子 electronegative atom である N や O と結合した水素原子 H は,微弱な正電荷 δ+ を帯びる。この正電荷と,electronegative atom の負電荷の間に正じる結合を水素結合 hydrogen bond という。静電的相互作用 の一種である。

水素結合のもつエネルギーは 共有結合 よりも著しく弱く,4 - 20 kJ/mol である (1)。また,共有結合の約 1.5 オングストロームよりも長い結合を作ることができ,1.5 - 2.6 オングストロームの長さをもつ。


水分子の水素結合

水分子 H2O は,構造上ほかの物質と水素結合を作りやすい。その結果,水は粘性,表面張力および沸点が分子量から考えられるよりもはるかに高い,特殊な溶媒 solvent になっている (1,2)。

一つの水分子は,3.5 個 の水分子と水素結合している (2)。これらの結合は非常に弱く一過的であり,一つの水素結合の half-life は数ピコ秒である (2)。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Berg et al. 2006a. (Book). Biochemistry, 6th edition.