ビオチン Biotin: カルボキシル基転移酵素の補酵素

other_metabolites/coenzyme/biotin
11-3-2017 updated


  1. 概要: ビオチンとは
  2. 応用: ビオチンとアビジンの結合

広告

概要: ビオチンとは

ビオチン biotin は図のような構造 (1) をもつ水溶性ビタミンである。ビタミン B7、ビタミン H、補酵素 R などと呼ばれることもあるが、「ビオチン」という名称が最も一般的である。



ビオチンは、カルボキシル基転移酵素 の補酵素として働く。代表的なカルボキシル基転移酵素は以下の通り。


応用: ビオチンとアビジンの結合

ビオチンは、糖タンパク質である アビジン avidin と強く結合する性質がある。このビオチン - アビジンの結合は、発現タンパク質の精製など、生化学・分子生物学実験に応用されている。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. By User:Mysid, converted to PNG by Mugu-shisai - The original image was uploaded as File:Biotin structure.svg, パブリック・ドメイン, Link